包丁・鋏(ハサミ)・刃物専門店
HOME > 刃物について > 家庭用−包丁のお手入れ

家庭用−包丁のお手入れ

<<  良い刃物は一生ものです  >>

少々面倒ですが、毎日の手入れをすることにより刃物の寿命も大幅に伸びます。
サビは包丁にとって大敵です。しかし万が一さびさせてしまった場合は、サビの程度にもよりますが荒めの耐水ペーパーで磨いてみてください。
仕上げに目の細かいペーパーで磨くと傷が目立たなくなります。
なければ、クレンザーなど台所の研磨剤でも良いと思います。

くれぐれもサビは初期の段階でできる限り落とすようにし、そのまま放置しないようにして下さい。
ひどくサビが侵食してしまうと、家庭での研ぎ・修理ができない状態になります。

 ⇒ 当店へ刃物研ぎをご依頼の方はこちらから

1.洗う

使用後は必ず洗ってください。
食品に含まれる酸や塩分はサビなどの原因になります。
また使用する前にも洗う習慣をつけましょう。
ステンレス製の包丁などは表面がさびにくいので汚れが目立ちませんが、雑菌が付着していることが多いので注意しましょう。

2.乾燥する

洗い終わったあと、乾いた清潔なふきんで水気を拭き取りましょう。
(注)ガスコンロの火などであぶらないで下さい。刃がもろくなります。 

3.収納する

刃物用油

(よく使う包丁の場合)
刃先を傷めないように包丁立てなどに収めましょう。

(普段使わない包丁の場合)
乾燥した後、椿油か刃物用油などを塗り新聞紙などで包んで湿気の少ないところに保管しましょう。
半年に一度は油を塗りなおしましょう。

*** こんなことにも注意しましょう! ***
  • はがね製の包丁は、刃の表面がすぐに酸化し、色が変化します。
    使用後はこまめに洗って拭きましょう。
    お料理の途中でもキッチンペーパーなどでちょっとひと拭きすると違います。
  • モリブデン鋼製などのステンレス系の包丁はさびにくい包丁ですが, さびないわけではありません。
    かならず使用後は洗って拭きましょう。
  • 包丁を洗い桶に長時間つけたり、食洗器で洗ったり乾かしたりしないでください。

[ 刃物について ]  メニュー

ネットショッピング入口(ショッピングカートでお買物)

研ぎサービス券の使い方

当店発行の「刃物研ぎサービス券」をご利用前にご一読ください。

HOME 特定商取引法に基づく表示 アクセス地図 お問い合わせ サイトマップ