包丁・鋏(ハサミ)・刃物専門店
HOME > 刃物について > 家庭用−包丁の研ぎ方

家庭用−包丁の研ぎ方

ここでは家庭でできる包丁の研ぎ方についてご紹介します。

 ⇒ 当店へ刃物研ぎをご依頼の方はこちらから

どんな包丁でも使っているうちに食品との摩擦やまな板に当たる衝撃により、刃先が磨耗し切れなくなってきます。
しかし良い包丁は研ぐことにより本来の切れ味がよみがえります。
切れない包丁を無理に使っていると危険です。
久しぶりに包丁を研いでみませんか?

手順1

砥石

まずは砥石を用意します。刃こぼれなどがある場合は荒砥石が必要ですが、通常の場合は中砥石で十分です。

写真左より荒砥石、中砥石、仕上げ砥石

手順2

砥石は使っているうちに真ん中の部分が減り、反った状態になります。
新品の砥石を使う場合は問題ありませんが、何度か使っている砥石は状態をみてみましょう。
正しい研ぎをするためには砥石を平らな状態に直します。

手順3

砥石を水に浸す

吸水性の砥石の場合、洗面器などに水を張り砥石を水に浸します。
気泡が出なくなるまでつけておいて下さい。
(約20分)
不水性の砥石はそのままでお使いください。

手順4

ぬれ雑巾の上に砥石を置く

台所などで包丁を研ぐ場合はぬれ雑巾などのうえに砥石を置きます。
砥石が動かないように注意してください。
これで包丁を研ぐ準備はできました。

なお砥石を固定する道具として市販の砥石ホルダーもあります。

手順5

研ぐ(刃の表)

利き手で包丁を持ち、刃の表(写真参照)から研ぎます。
反対の手で包丁のはらを押さえ角度を15度〜20度くらいに保ち、刃のかえり(バリ)が出るまで研ぎます。

手前に引くときに力を入れると、包丁が砥石に引っかかり危険ですので注意しましょう。

手順6

研ぐ(刃の裏)

次に刃の裏を研ぎます。角度を10度〜15度くらいに保ち、刃のかえりが出るまで研ぎます。
角度については諸説ありますが、研ぎに慣れてくるまでは、あまり角度をつけすぎないようにすればよいと思います。

手順7

もう一度刃の表を砥ぎます。
角度を15度〜20度くらいに保ち2〜3度、砥石の上を滑らせるように砥ぎます。

手順8

試し切りをしてみましょう。何か食材を切ってみてください。
以前よりよく切れるようになりましたか?
はじめはそれで十分だと思います。
何度か研いでいるうちにコツをつかめると思います。

手順9

研ぎ終わった包丁は、水洗いし汚れを落とします。
乾いた布でしっかり水分をふき取ってください。
お湯をかけると乾きやすくなり殺菌効果もあります。

手順10

さぁ、ここでもうひと仕事。
次回の研ぎのために砥石を平らな状態に直しておきましょう。
少し面倒ですがこうしておくと次回の包丁とぎが楽しみになりますよ。

  • 包丁は使用頻度にあわせて研ぐとよいでしょう。
    少なくとも2〜3ヶ月に一度は包丁を研ぐことをお勧めします。
  • よくお客様から「包丁を研ぐコツは?」と聞かれますが、基本をしっかり学び、あとは慣れることだと思います。
    自分で研ぐことにより包丁に対して愛着がわきますし、持っている包丁の材質などもわかります。また次回購入時の参考にもなります。
    大きな刃こぼれなどができ、自分で研げなくなった場合はプロの研ぎに出してください。

注意!包丁の角度を立てて研ぐと刃のかえりが出やすく、一時的に研げたように感じますが、刃先が鈍角になると切れ味が悪くくなり、後々のメンテナンスも大変です。 面倒ですが正しい研ぎをする習慣をつけましょう。

[ 刃物について ]  メニュー

ネットショッピング入口(ショッピングカートでお買物)

研ぎサービス券の使い方

当店発行の「刃物研ぎサービス券」をご利用前にご一読ください。

HOME 特定商取引法に基づく表示 アクセス地図 お問い合わせ サイトマップ